ECO JET E <エコジェットE>

定価:7,800円

環境にやさしいポータブルマルチスプレー(エコノミータイプ)

ECO JET E <エコジェットE>

LPG・CO2・エアホース・電気コードも不要。抜群の使い易さ!

年々技術の進歩が各分野で多大な功績を上げています。しかしそれに伴い地球の環境破壊も大きな問題になって来ました。
CO2による温暖化現象もその一つと云えます。
エコジェットは、LPGや炭酸ガスを使用せず、簡単な操作で各種溶液、液剤をスプレーできる経済性にも優れた製品です。

特徴

  • 一般エアゾール缶の大部分に使用されている爆発性の噴射媒体は使わず安全です。
  • コンプレッサーのエア、或いは窒素、炭酸ガス等で加圧(圧力0.5~0.7Mpa)して、繰り返し使用できますので経済的です。
  • 水溶系、溶剤系の液体からエアブローまで、電気コード、エアホースなしで噴霧ができます。
  • 本体は、すべての部分が充分な強度と耐蝕性に優れた安全構造です。
  • 空缶の廃棄に悩む必要がなくなります。
  • 逆さ使用ができます。

軽い液体ならなんでもOK(粘度22mm2/s以下の軽い液体でご使用ください)

  • パーツクリーナー
  • グリス
  • 各種潤滑剤(CR-C etc)
  • 液状ワックス
  • 染色探傷液
  • 消毒液
  • 切削油
  • 防錆剤
  • 離型剤

使用手順

スプレーボタンを押して圧縮空気が残っていないか確認し、残っている場合は、取扱説明書にしたがって圧縮空気を抜いて下さい。

スプレーキャップ(黒色ネジキャップ)を開けて下さい。

あらかじめ計量した原液をスプレー缶に200~400ml(最大400ml)の使用液を入れて下さい。

スプレーキャップを閉めて下さい。

スプレー缶を専用のエアーステーションにセットして下さい。(最高使用圧力 0.8MPa)

スプレー缶を数秒間エアーステーションに押し付けて下さい。

エアーステーションからスプレー缶を取りはずし、噴射口を吹き付け面に向け、20~40㎝離して吹き付けて下さい。

使用上の注意

  • 部品を取外したり、溶液を充填する場合は、必ずスプレーキャップを少しゆるめ、圧力を抜いてから行って下さい。
  • 加圧は、各部品を所定位置にしっかりと締め付けた状態で行ってください。
  • 本体への最大圧力は0.8Mpaを越えないでください。(通常0.5~0.7Mpa)
  • 溶液の充填は容器の6分目以下のレベルで使用してください。
  • 容器に液体を入れたまま長期間保存しない様にしてください。

構造と部品

スプレーノズル
(用途に合わせてノズルをお選び下さい)

汎用ミスト形

ナイロンミストノズル(短)

ナイロンミストノズル(長)

ナイロンノズル(短)

ナイロンノズル(長)

本体容器 550ml
直径 67mm
高さ 205mm
重量 120g
素材 アルミ製

エコジェット E スプレーバルブ

エコジェット E リリーフバルブキャップ

ポータブルマルチスプレー「エコジェットE」は溶液(洗浄液)と圧縮空気の充填により 繰り返し使用が出来る極めて画期的なスプレー製品です。
エコジェットE リリーフバルブ付ボトルは、スプレーボトル内の圧力(約1.0Mpa以上) が上昇した際に、機構内バルブ弁(リリーフバルブ)が作動し内圧上昇を抑える機構を 設けた製品です。

リリーフバルブの作動機序

内圧がリリーフバルブの作動設定した圧力以上になると、バネで押さえられていたバルブ が矢印方向に押し上げられて、すきまを通って圧力を逃がす仕組みになっています。
内圧1.0Mpa以上になると作動するように設定している。 

◎従来使用のスプレーボトルに使用できます。

エコジェット・原液 取扱代理店募集中

現在、ポータブルマルチスプレーエコジェットEの取扱代理店を募集しています。

詳細、お問い合わせはお電話、またはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

株式会社ジェーシーサービス

〒501-0222

岐阜県瑞穂市別府616番地の3

TEL 058-327-6711(代)