オイルリサイクル
 
加工油の再生(プレス油、ヘッター油の回収油)

油性切削油(脱油装置後の回収油)

炭化水素洗浄剤、揮発性洗浄液

オイル交換廃油

洩れ油回収油

洗浄機浮上油

 


それぞれの廃油は性状検査の上、元のオイルとして再使用することを
第一に次のような処理の一部又は全部を行い、リサイクルを考えます。
粘度調整(所定の粘度に戻す=新油と同じ)
汚染度回復(NAS7級以下=新油同等)
水分除去(100ppm以下=新油同等)
性能回復(添加剤の補給投与)
劣化回復(劣化物の除去、脱酸処理)
色相回復(脱酸処理、白土処理)
真空蒸留再生(炭化水素系洗浄剤、揮発性洗浄液は新油同様となる)


オイルリサイクルの効果をより高めるために、以下のことを推し進める必要があります。
発生時回収(川上処置)
分別回収、保管
油種統一
工場間、職場間、業者間との情報開示、共有化




汚染度、水分、劣化度、粘度、IRなどの分析と発生量、他種油の混合の程度や使用機械などの情報から処理方法及び処理後のオイルの使用用途を決定します。
オイルにより、それぞれの工程が不要の場合、いきなり最終処理を行うものもあります。


 設備 


自社開発の再生処理設備や蒸溜装置により、有機溶剤、揮発性溶剤、炭化水素洗浄油のリサイクルや高沸点オイルのフォンブリン(フッ素オイル)などを新液同等にリサイクルでき地球環境や経済的に多いに貢献しています。



可搬型浄油機による浄化作業風景

当社工場内において可搬型オイルクリーナー(MARK-III ZS型)を使った精密濾過。
作業汚染度をNAS7級以下に処理しています。
処理後ドラム詰めし、客先出荷します。



遠心分離機(全自動)による無人浄化運転風景

お客様に安価に提供する為に、連続無人運転により処理コストの低減化を実現。高汚染度や高水分のオイルを遠心分離機により荒処理を行い、精密濾過工程に移行されます。